医療の必要な子のいろんな困ったを、何とかする相談支援 お母さんひとりで、
抱え込まない環境づくり

医療の必要な子どもたちを支援する仕組みは、福祉・医療・教育の分野にまたがっていて、とても複雑。
また、制度が整っているとは言えず、利用の仕方ひとつとっても難しい現状があります。

どんなサービスがあり、どうしたら受けられるのか、それをお母さんたちに教えてくれるのが、相談支援員です。
暮らしのなかの様々なお悩みの相談に乗り、どのようにサポートを受けたら良いか、一緒に考えます。

医療の必要な子ども 相談の様子

地域の障がい者福祉サービスについての
情報提供

地域にどんなサービスがあるのか、また利用できるのかどうかを調べ、ご紹介します。色々な制度を知ることで、今後の選択肢が広がるきっかけになります。

日常生活全般に関する相談

病院を出て家に帰れることになったけど、どう準備したら良いかわからない… お母さんも仕事に就きたい! 保育園や学校に通えるようになりたい! など、様々な「困った」の解決策を、一緒に考えます。

障害児支援利用計画の作成

児童発達支援や放課後等デイサービスを利用する際に必要な「障害児支援利用計画」を作成します。解決したい課題や支援の方針、必要なサービスの種類や量などを一緒に考え、まとめます。

ヘルパーなど福祉サービスの利用状況の
把握・調整

各福祉サービスの利用状況などを把握して、今後の活動内容を見直します。必要に応じて、サービス内容の変更や、量を調整しながら、少しずつ暮らしにあった利用の仕方にしていきます。

経験豊富な”にこりクルー" 相談支援員として経験豊富な
社会福祉士のスタッフが在籍しています。

私たちにこりのスタッフのキャリアは様々。有資格者を中心としたスタッフが多数在籍だから、もしもの時も安心です。

にこりの相談支援について

対象

重症心身障がい児のお子さん、医療的ケアのあるお子さん

提供日・時間

平日 9:00〜16:00 (休日 土日・祝日・お盆・年末年始)

利用料

無料でご利用いただけます。

お問い合わせ

利用を希望される場合は、にこりに直接ご相談ください。

Tel 093-282-5810

にこりにご相談

1

市町村へ申請

お住いの市町村の行政区へ、必要な申請を行っていただきます。窓口など、必要な情報はあらかじめお伝えしますのでご安心ください。

2

面談

申請を終えたら、お子さん、ご家族と面談し、心身の状況、環境、日常生活の状況などを確認させていただきます。

3

利用計画のご提案

サービスの利用計画を作成し、ご説明します。利用計画に同意いただけたら、サービスの支給が決定します。

4

意見交換・情報共有

関わる医療スタッフや教育関係者・行政担当者、福祉のスタッフが集まり、各専門的な目線から意見交換し、情報を共有をします。

What we can do にこりができること

枠や常識を飛び越え、ないものはつくり、制度を乗り越え、0を1にするお手伝いをします。

子ども専門の訪問看護・ヘルパー

子ども専門の
訪問看護・ヘルパー
Child Visiting care & helper

おうちでの暮らしを支える

日常的に医療的ケアが必要なお子さんが病院を出て、家族と一緒に暮らせるように、小児専門の訪問看護・ヘルパーをベースに、様々な形で暮らしを支えます。

こどもデイサービス

こどもデイサービス Day service for Kids

家の外にも居場所を作る

成長した子どもたちがお母さんお父さんと離れ、お友達と一緒に過ごしたり、社会との関わりを持つこと。そんな普通の願いがかなうように、奮闘中です。

相談支援

相談支援 Consultation support

悩み、困った時に一緒に考える

医療の必要な子どもとその家族への支援は、まだまだ発展途上。今ある制度を最大限に利用し、時には事例がない所に事例を作り、一番よい方法を一緒に探します。

産前・産後の母子支援

産前・産後の母子支援 Mother and child support

「生まれる前」から寄り添う、訪問看護による母子支援

家族を取り巻く社会が変化する中で、人知れず孤立していくお母さんと赤ちゃんがいます。にこりでは、生まれる前からお母さんと関わり、相談相手になることで、お母さんになるための心と体の準備をサポートします。