新しい居場所をつくる、こどもデイサービス 家の外でも居場所を作りたい。

放課後等デイサービス・児童発達支援・保育所等訪問事業

子ども同士で遊んだり、親以外の大人と関わる時間は、子どもの成長にとって大切なもの。
でも、医療の必要な子どもたちは、大きくなっても保育園や学校に通うのが難しい現状があります。
にこりのデイサービスは、そんな子どもたちの家の外の居場所。親と離れてドキドキしながら、いろんな経験をする場所です。

学校や保育園が、医療の必要な子どもたちを受け入れる動きも少しずつ始まっています。
障害のある子もない子も、一緒に育てるように、学校・保育園の体制づくりのサポートも行っています。

放課後等デイサービス・児童発達支援の様子
放課後等デイサービス・児童発達支援の様子
放課後等デイサービス・児童発達支援の様子

放課後等デイサービス・児童発達支援 お母さんと離れて、新しい体験をしよう!

医療が必要な子どもたちも、ベッドで過ごす毎日じゃつまんない。リハビリしたりおでかけしたり、新しい体験・経験を通して、子どもたちの表情はどんどん生き生きしてきます。「とにかくやってみよう!」をモットーに、リスクを一つずつ整理してにこりは色んな活動に取り組みます。

にこりのスタッフ
看護師をはじめ、保育士や介護福祉士など専門性の高いスタッフが、安全面にもしっかり配慮します。
おでかけ!にこり

海だっ!公園だっ!どうぶつえんだっ! おでかけ!にこり

医療の必要な子どもたちにとって、お出かけは特別なもの。お出かけというかけがえのない楽しみのために、毎日のリハビリを頑張り、体制を万全に整えて、子どもたちとたくさんお出かけしています。

にこりのイメージ

デイサービスを通じて、新しい環境に! 保育園や学校に通えるようなステップアップ

保育園や学校で、医療の必要な子どもたちを受け入れる動きが少しずつ始まっています。少しでもスムーズに通い始め、移行できるように、デイサービスを通して子どもたちに集団生活に慣れてもらうことも大切にしています。

お友達と一緒の環境に身をおくことで、体験・経験できることが広がります。

小児科専門の医師が在籍

もしもの時も安心! 小児科専門の医師が在籍

いっぱい遊んで、楽しい時間を過ごせるように、子どもたちの健康管理はきめ細かく行っています。嘱託医として小児科の医師も在籍。もしもの時も安心です。

荒木 俊介 嘱託医・産業医科大学病院小児科
親御さんも一休み。働いているお母さんもいます!

つきっきりのお母さんたちにも、たまには力を抜いて休んで欲しい! 親御さんも一休み。働いているお母さんもいます!

デイサービスをご利用いただくことで、付きっきりのお母さんにゆとりの時間を。子どもたちを預かれる場所がもっと増えれば、医療の必要な子のお母さんたちは選択肢を増やすことができます。

ふだん寂しい思いをしている兄弟児と過ごせたり、一息ついて休んだり、中には、もう一踏ん張りと、お仕事をするお母さんもいらっしゃいます。

保育所等訪問事業

保育所等訪問事業 障がいや病気がある子もない子も、
一緒に育つ環境づくり。
保育園や学校で体制づくりをサポートします。

幼稚園・保育園・学校に通う医療の必要な子どもたちが、他の子達と同じように遊んだり、集団生活を送れるようにお手伝いします。月に2回程、保育園や学校を訪問。先生や看護師さんと話しあい、医療的ケアのことや、安全に、楽しく過ごせるための環境・体制づくりなど、様々な面をサポート。

児童発達支援をご利用希望の場合

就学前の医療が必要な子や病気の子を日中お預かりして、
集団の中で成長していけるよう支援を行っています。保育園との併用が可能です。

対象

通所支援受給者証をお持ちのお子さま
0歳〜6歳(小学校入学前)まで

提供日・時間

月〜金 9:30〜15:30

休日

土日・祝日・お盆・年末年始

利用料

国が定めるサービス利用料金表により決定
その他、教材費200円/月

お問い合わせ

利用を希望される場合は、にこりに直接ご相談ください。

Tel 093-282-5810

放課後等デイサービスをご利用希望の場合

放課後等デイサービスは、障害のある就学児童(小学生・中学生・高校生)が
学校の授業終了後や長期休暇中に通う施設です。

対象

心身に障害があるか、または医療的ケアの必要なお子さまで、
学校に就学している方 遠賀郡・中間市・宗像市・北九州市在住の方

提供日・時間

月〜金 9:30〜15:30

休日

土日・祝日・お盆・年末年始

利用料

一般課税世帯(※)
自己負担額4600円(月額) 非課税世帯、生活保護世帯 自己負担額 なし

※世帯収入により、上記と異なる場合もあります。

その他、教材費200円/月

スタッフ

看護師・保育士・教員・介護福祉士・理学療法士など

協力医療機関

産業医科大学病院・くわのキッズクリニック

お問い合わせ

利用を希望される場合は、にこりに直接ご相談ください。

Tel 093-282-5810

保育所等訪問事業をご利用希望の場合

医療的ケアの必要な子どもたちが地域で育つことができるよう、地域の保育所や学校に専門知識を持つスタッフが伺い、お友達と一緒に楽しく過ごせるように様々な支援をします。

対象

医療的ケアを必要とする子で、地域の保育園・学校に通うことを希望される方

お問い合わせ

利用を希望される場合は、にこりに直接ご相談ください。

Tel 093-282-5810

What we can do にこりができること

枠や常識を飛び越え、ないものはつくり、制度を乗り越え、0を1にするお手伝いをします。

子ども専門の訪問看護・ヘルパー

子ども専門の
訪問看護・ヘルパー
Child Visiting care & helper

おうちでの暮らしを支える

日常的に医療的ケアが必要なお子さんが病院を出て、家族と一緒に暮らせるように、小児専門の訪問看護・ヘルパーをベースに、様々な形で暮らしを支えます。

こどもデイサービス

こどもデイサービス Day service for Kids

家の外にも居場所を作る

成長した子どもたちがお母さんお父さんと離れ、お友達と一緒に過ごしたり、社会との関わりを持つこと。そんな普通の願いがかなうように、奮闘中です。

相談支援

相談支援 Consultation support

悩み、困った時に一緒に考える

医療の必要な子どもとその家族への支援は、まだまだ発展途上。今ある制度を最大限に利用し、時には事例がない所に事例を作り、一番よい方法を一緒に探します。

産前・産後の母子支援

産前・産後の母子支援 Mother and child support

「生まれる前」から寄り添う、訪問看護による母子支援

家族を取り巻く社会が変化する中で、人知れず孤立していくお母さんと赤ちゃんがいます。にこりでは、生まれる前からお母さんと関わり、相談相手になることで、お母さんになるための心と体の準備をサポートします。