賛同いただける企業さま、個人さま にこりの活動をご支援ください。

病気や障がいがあっても、こどもはこども。
にこりの子どもたちは、おでかけや遊ぶことが大好きです。

おうちやベッドで過ごすことの多い子どもたちが、よりよい環境で暮らせるように。
外の世界と出会い、新しい体験を楽しめるように。ご支援をいただけたら幸いです。

にこりに通う子どもたち にこりに通う子どもたち にこりに通う子どもたち にこりに通う子どもたち

にこりサポーター募集中!

子どもたちに、よりよい環境とたくさんの新しい体験を。

にこりの活動を、継続的に応援してくださる方を募集しています。
にこりは創立4年目を迎え、認定NPO法人(認定特定非営利活動法人)を目指しています。
にこりの活動の幅がより広がり、多くの親子の暮らしを支援することができるよう、ぜひお力添えください。

認定NPO法人とは?

高い公益性をもつNPO法人を自治体が認定することで、その活動を支援する制度。
一般から広く支持されていること、活動や組織運営が適正であることなどが認定の条件。

(にこりが認定NPO法人になると...)

  • 1公的な支援が追いつかない分野に活動を広げ、制度の隙間にいる様々な状況の親子をもっとサポートできるようになることが認定NPOになる一番のメリットです。
  • 2自治体から認定されることで社会的な信頼度が増し、行政と連携しやすくなります。
  • 3認定になることにより、寄付金が税制優遇の対象となり寄付することへの負担が軽くなり、より寄付が集まりやすく活動しやすくなることが見込めます。

にこりサポーターになって継続的に応援!

1ヶ月または1年毎に、
決まった金額で継続支援する仕組みです。

福祉有償運送

福祉有償運送〜子どもたちの移動支援〜

車いすや医療機器が必要な子どもの外出をサポートする事業。公的な支援がなく、制度を導入している自治体もごく限られています。にこりでは、小林製薬青い鳥財団の助成を受けながら、家族が必要なときに利用できる料金で事業を行なっています。

夜の動物園 @到津の森公園

夜の動物園 @到津の森公園〜もしもの時に備えた、にこりの災害対策〜

外に出ることが中々難しい子どもたちと家族に、外出の経験を多く積むことで災害時に対応できる力をつけてほしいと考え、夜の動物園でイベントを開催。楽しむ気持ちが自然と自助に変わるようなサポートをこれからも続けていきます。

1回ごとの寄付で
支援する
自由な金額で、
その都度できる寄付

( クレジット決済の場合 )

寄付いただける金額を入力後、決済画面にお進みください。
金額は3,000円から承っております。(Visa/Masterのみ)

( 銀行振込の場合 )

下記の口座までお振込をお願いいたします。
お振込後、こちらより、お名前・ご住所・領収書のご希望等をお送りください。

遠賀(おんが)信用金庫
岡垣支店(店番号 003)
口座番号 1179283 / 特定非営利活動法人にこり

物で支援する 日用品や必要な物資の支援など

マスクや消毒液などの医療品・日用品で不足しているものを、「Amazonほしいものリスト」で公開しています。ご支援いただける方はこちらのリンクからお願いいたします。

医療や福祉で支援する 在宅医療、医療機器、発達支援など

医療の必要な子ども達がこれから歩く「道」をつくること。それには様々な分野の知識やアイデアが助けになります。在宅医療や発達支援など、医療・福祉の分野で力を貸していただけたらうれしいです。

こんなご支援をいただいています。

松井晃先生

臨床工学技士・臨床工学アドバイザー
KIDS CE ADVISORY代表(2020年1月~)
松井 晃先生

医療機器について豊富な知識と経験を持つ松井先生は、にこりの心強い味方。こどもたちの呼吸器に関することなど、困ったときはいつもアドバイスをいただいています。

体験で支援する 農家体験・船乗り体験など

知らない場所にお出かけしたり、初めてみるものに出会った時のこどもたちは、そりゃもうお目めぴかぴか!機会を与えてくださる方々にも、こどもたちと一緒に過ごす時間を楽しんでいただけたらと思っています。お問い合わせよりご連絡ください。

こんなご支援をいただいています。

廣渡昌平さん

イチゴ農家廣渡 昌平さん

車いすの子もイチゴ狩りを楽しめるようにと、通路を広く作った廣渡さんのイチゴハウス。赤いイチゴをいっぱいもいで、こどもたち初めてのイチゴ狩り体験を楽しみました。

スキルや得意分野で
支援する
演奏家、美容師、アーティスト、
料理人など

ジャンルを問わず、各分野のプロフェッショナルの皆様のご支援(プロボノ)もお待ちしております。子どもたちと新しい世界の出会いを、一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。お問い合わせよりご連絡ください。

こんなご支援をいただいています。

大庭健太郎さん

NPO法人やすらぎ 副理事長、保育士大庭 健太郎さん

にこりのこどもたちの海水浴をはじめ、こどもたちが楽しむ姿を、
たくさんドローンで空中から撮ってくれます。

寄付趣意書

拝啓 時下、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。さて、特定非営利活動(NPO)法人にこりは、2016年8月から活動を開始した医療的ケア児や小児がんなどの在宅医療を必要とする子どもを対象とした「小児の訪問看護所ステーションにこり」、2017年9月に開設した「こどもデイサービスにこり」での活動をもとに、地域社会において家族が笑顔あふれる生活を送るための支援の輪を広げることを目的として2018年9月に発会しました。現在は相談文援、訪問介護、福祉有償運送などの各事業に加えて、喀痰吸引研修機関、介護職員初任者研修施設の登録、保育所等訪問事業を通して子どもたちの包括的な支援を行っています。また、2020年からは北九州市に産後ケアステーションにこりを開設し、子育て文援を通して産後うつや乳児虐待の予防を目的とした取り組みも開始しました。わが国では少子高齢化を迎え子どもの数が減少しているにももかかわらず、在宅医療が必要な子どもや経済的に困窮したり、虐待を受けたりする子どもたちが増加の一途となっています。社会的関心の高まりをうけ、体制の整備が進められていますが、まだ十分な状況ではなく、本法人の活動が必要であると考えております。制度の壁に阻まれ、追い込まれ、未来に大きな不安を抱いている多くの家族がいます。だからこそ、「大丈夫だよ。お母さん。一緒に悩み、一緒に笑いながらゆっくり子育てしていこう。」。そう言える伴走者が必要だと実感しています。ぜひ、法人の設立趣旨や目的をご理解いただき、多くの資様のご支援をいただきたくお願い申し上げます。

2022年1月末日
特定非営利活動法人にこり 代表理事 松丸実奈

NPO法人にこりの目的

この法人は、障がいの有無にかかわらず、
子どもとその家族が地域社会において
笑顔あふれる生活を送るために
必要な支援事業を行うことを目的とする

NPO法人にこり
法人概要
設立

2018年9月3日

連絡先

811-4233
福岡県遠賀郡岡垣町野間3-4-24
tel. 093-282-5810 / fax. 093-863-0331

役員
理事長

松丸 実奈

理事長

荒木 俊介

理事

桒野 聡

理事

桝田 悠葵

監事

工藤 陽二工藤 陽二司法書士事務所 司法書士

特定非営利活動に
係る事業
  • 児童福祉法に基づく障害児通所支援事業
  • 病(後)児保育サービス事業、保育事業並び保育施設などの運営事業、
    及びこれらの関連サービス提供事業
  • 障害児者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく
    障害福祉サービス提供事業及び地域生活支援事業
  • 児童福祉法に基づく障害児相談支援事業
  • 医療的ケア児、家族の子育て支援による女性の雇用促進事業及び就労サポート事業
  • 道路運送法に基づく福祉有償運送サービス事業
  • 前各号の事業に関する調査研究、普及啓発、人材育成、政策提言
    及び異業種連携促進に関わる事業
  • その他この法人の目的を達するために必要な事業
主な事業内容
  • 小児専門の介護事業所
  • 福祉有償運送
  • 児童発達支援・放課後等デイサービス
  • 居宅訪問型児童発達支援
  • 保育所等訪問支援
  • 喀痰吸引等研修(第三号研修)
  • 介護職員初任者研修
  • 託児サービス
活動の種類
  • 保健、医療または福祉の増進を図る活動
  • まちづくりの推進を図る活動
  • 男女共同参画社会の形成の促進を図る活動
  • 子どもの健全育成を図る活動
  • 職業能力の開発または雇用機会の拡充を支援する活動
  • 前各号に掲げる活動を行う団体の運営
  • 又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動